2016年11月29日火曜日

アウストラル街道・パタゴニアの自転車旅行のシーズンが来ます。 (12月1日はSURLY試乗会 最終日!)

南半球ではこれから夏に入り、アウストラル街道とパタゴニアでは自転車旅行のシーズンを迎えます。
アウストラル街道、清流と美しい湖、峻険な山々が続き目を楽しませてくれます。

近年は徐々に舗装区間が増えていますが、依然多くの未舗装区間があり隔絶感を醸し出します。
この長い未舗装路、人によっては苦労します。

テントはどこにでも張れる訳ではないものの、川や湖のそば、自然豊かな場所に張れることが多いです。
雨が比較的多いのも特徴です。
この雨も、アクセントになり雲間から覗く景色も良いものです。宿がとれれば休曜日にあてる理由にもなります。


最後はトレッキングルートを通っての国境越え。
苦労して国境を越えるとパタゴニア、フィッツロイが遠望できます。
パタゴニアではフィッツロイやパイネ山群の雄大な山岳風景が見られ、トレッキングも楽しめます。
キャンプ場もありパイネ山群を眺めながらキャンプもできます。

ペリト・モレノ氷河 
パタゴニア名物の強風を体験。
追い風ではこがずに進むので愉快で高笑いしながら爆走でき、向かい風では膝を痛めないよう軽いギアで回すようにします。横風は身の危険を感じます。
強風のためテントを張れる場所が限られ、うまく見つけられないと大分苦労します。


ペンギン。
距離はアウストラルが約1,000km、パタゴニア(南部)がウシュアイアまで約1,400kmです。日数はアウストラルとパタゴニア共に未舗装路があるため日数がかかり1.5~2ヶ月前後です。天候やトレッキングにかける日数、休養日により大幅に違ってきます。

治安は非常にいいので海外で治安を気にする人にもすすめられるルートです。

転職の合間のリフレッシュ旅行や卒業旅行で行ってみてはいかがでしょうか。

ユーチューブで見つけたアウストラル街道とパタゴニアを旅する自転車旅行者(ポーランド人で自転車店員)です。少しまとまりがない映像ですが現地の雰囲気が分かります。


◎12月1日はSURLY プチ試乗会の最終日です。上記のアウストラル街道・パタゴニアの自転車旅行にも最適で雨の日にも強いディスクトラッカーも試乗できます。

営業時間は12:00~20:30までです。


御来店、お待ちしております。