2017年2月20日月曜日

おすすめのペダルについて

完成車にはペダルが付属してないため別途購入になりますが、数あるペダルの中でどれがいいのかいくつか紹介します。

ポイントは①耐久性②踏み面③価格になります。

※今回、トゥクリップ仕様は除外しています。

一応当店では以下の3点をおすすめしています。


左からシマノPD-MX80(定価7,388円)、三ヶ島製ALLWAYS(定価5,900円)、TIOGA Sure Foot 7(定価3,500円)


一番お勧めなのはシマノのPD-MX80(定価7,388円)です。耐久性の実績もあり、シマノから補修品も販売され長く使えます。踏み面も広く、底が柔らかいサンダルでも疲れにくい構造です。価格が高めなのが難点ですが、長期間の使用であれば十分に価値はあると思います。

二番目は最近発売された三ヶ島製のALLWAYS(定価5,900円)。シールドベアリングを採用し、一定の耐久性もありそうです。内部のベアリングも比較的容易に交換でき、海外でも恐らく先進国であれば規格品なので入手可能だと思います。踏み面も広くほぼシマノPD-MX80と同じです。値段もある程度抑えられているのでお買い得品と言えるのではないでしょうか。
三ヶ島製のALLWAYS、シールドベアリングを3個使用。

三番目はTIOGAのSure Foot 7(定価3,500円)です。軸の構造はシマノのPD-MX80と似てベアリングとブッシュで回転を支え、一定の耐久性があります。踏み面の作りで価格を抑えてると思いますが、内部構造の割りに価格が抑えられ良品と言えるのではないでしょうか。
TIOGAのSure Foot 7の軸、右側のベアリングと真ん中のブッシュ(黒い筒)で回転を支える。
一番下はシマノのペダル軸、構造は似ている。

その他に近年ブッシュ式の安価なのがありますが、耐久性は不明ですが価格の割りに使えるような気がします。

ボールベアリングで安いのは大抵シール性が殆ど無く、雨の日の走行でグリースが流れ強引な回転で玉当たりが一度崩れると修正ができないのが多いです。ソケットレンチで締め直しできる物も有るには有りますが、工場出荷時の状態に戻すのは難しく長期自転車旅行では使い物にならないと考えていいと思います。