2017年4月12日水曜日

クランパス フロントラック取り付け

サーリーのクランパスに、ガモーのキングポーターキャリアーを取り付けました。

※このクランパスは他店購入品、当店は他店購入の自転車も改造・修理対応しております。

クランパスはホイールサイズが29"+、タイヤが当たるためラックをそのまま取り付けるのは無理があります。それと、このクランパスはフォークにダボ穴がない旧いタイプです。
当日慌しく、写真撮影を逃してしまった為、お客様に撮影し送って頂きました。
T様、写真提供有難う御座います。
タイヤとのクリアランス確保の為、L字金具4個を付け足しました。
ステーの長さがあるため重量物の長距離搬送には無理がありそうですが、日常の買い物品を置くには対応できそうです。
イーグルバーとよく合ってます。
金具を取り付けるのに、穴開けが必要でしたが、店主は自転車世界一周前はエンジニアリング会社にいて、営業職でしたが現場作業もかなり行ってました。ドリル、タップ立て、ホルソー、ジグソー、セバーソー等の簡単な金属加工の経験はそれなりにあり、製缶物のポンチ図なんかもそれなりの数を書いてました。
このような少し加工が必要な案件も対応可能です。 
付属の金具を少し削りクイックに取り付けましたが、付属品は少し弱い気がします。
オフセットのパイプを短く切断すれば強度は多少上がったかもしれません。
クランパスにビール缶 1ケース積載、なかなかよい雰囲気です。
ビール缶1ケースだとぐらぐらする感じがすると報告を受けましたが、重量物によるハンドリングの影響と、この作りの限界でもあると思います。
さらに強度を増すとなるとクランプ、ステーの追加になりそうです。

今回のケースだとラック代6,944円に工賃4,000円、金具類約2,000円(使用品実費請求)が費用になります。

これ以外に29"+のタイヤや、ダボ穴がない場合等の各種ラックの取り付け、改造を行っております。


お気軽にお問い合わせ、御来店下さい。