2017年8月13日日曜日

自転車旅行で博識になろう!

自転車旅行で高められる能力にメディアリテラシーがあるよ、前に書いたけど憶えてるかな?今回は、それに加えて前に書いた事前情報も参考にし、博識になっちゃうポイントを紹介するよ!

◎自転車旅行で博識を目指して頑張るポイントは三つ、一つ目は事前情報を得ておくこと、その土地を訪れる前に可能なだけ調べておくことだ。二つ目は、訪問先では事前情報から得られない事柄に着目!そして三つ目は事前情報と現場との違いを把握しよう!

全ての訪問先の事前情報を、メディアから読み込むだけでかなりの知識量を得られるよ、博識になれるぞ!

それに加えて、メディアにない現場でしか得られない情報を足せば、隙がなく現象を得ることができる!これは自転車旅行の得意分野だね!事前情報にない事柄に出会ったらチャンス到来!時間を割く価値があるかもよ。事前情報にないかどうかは事前情報を得ておかないと判断できないよ、だから事前情報が必須だぞ。

さらにさらに、事前情報と現場の違いを見つけて把握しよう。この相違の判読を習慣化できれば、情報摂取の精度向上も間違いなし!このときに違いを見極めるのも事前情報との比較からだ、だから事前情報は大事だよ。

これらは日本に帰った後も、日本にいながらにしてメディアから情報を得るときに役に立つ!
事前に調べて知り得なかったことに時間を割こう。
直に人々の存在を感じる、人々の営みを実感する、それがメディアと大きな違いかもね。
(撮影地 インド、交通事故?の牛を道路脇で解体中)


◎事前情報を得ると、その地を訪れた際に新鮮味が無くなってしまうという人がいる。これは注意が必要だ。

そもそも事前情報なしで楽しめる場所なんて限られてるぞ。その限られた場所も事前情報なしにすると見過ごしてしまうかも。

それと、事前情報無しということは、無知な状態ということだ。これを連続して行い無知な状態が続けば、つまりは無知の常態化を招いてしまうぞ!

自転車旅行をして無知になるなんて笑えないぞ、ただでさえ社会から離れて社会性が衰えていくのに!

事前情報なしでサプライズ的な楽しみは印象が強く喜びが大きい、だがしかし時々しか現れない!一方、事前情報を恒常的に得れば恒常的に興味の対象が現れる。そして博識になれる!

事前に情報を得ておくと色々な場所を見れて理解も深まるよ~。
巨大な建造物は現場でしか得られない感動があるぞ。
(撮影地 ベルギー、ストレピ-ティウ船舶昇降機)

◎事前情報を得ることは勉強と殆ど同じ。苦手な人もいるよね。そんな時は興味のわきそうな事柄から調べてみよう。ユーチューブにあるドキュメント映像なんか気軽でいいかもよ。

ガイドブックを一通り読むだけでも大分違うぞ。気取ってガイドブックに頼らない、とかいってる人もいるよね。ガイドブックに頼るのではない、使いこなすのじゃー!世界を把握する壮大な過程のほんの入り口じゃー!!

とはいっても旅だから広く浅くなってしまうかもね、それはしょうがないかもね。

事前情報の収集は予算配分、日程配分と共に旅をしている限り常に付きまとう。面倒くさーいけど、強弱をつけ、いい塩梅を自分なりに見つけていこう!うまくできるようになれば旅の玄人だ。

博識でかっこいい自転車旅行者を目指し頑張っていこう!










アニソンの類で~す。