2016年9月11日日曜日

細いワイヤーと南京錠で防犯対策

ホームセンターなどで売られている細いワイヤーと、小さい南京錠を使うと防犯に役立ちます。細いワイヤーはニッパーを使うと切断できますが、出来心での犯行は防げるので一定の防犯効果はあります。

オルトリーブのバックローラークラシックのバックルにワイヤーを回し、小さい南京錠でベッドと固定。このバッグの開閉はロール式なので開けようと思えば開けられるが一定の防犯効果はある。
その他の盗難対策にベッドに散らかした荷の中に貴重品を隠し、バッグの中には盗まれても構わない物を入れておく方法もあります。
(撮影地 タンザニア)
安宿によっては合鍵を使い居ない時に勝手に入るスタッフがいたり、ユースホステルの貴重品入れロッカーでも合鍵か何かで開けられ盗難が発生しています。鍵が掛かった室内やロッカーの中でも状況によってはこのワイヤーと南京錠を使い盗難対策をすることをお勧めします。
似た方法で買い物の際、長時間自転車を外に止める場合や、スーパーの周りの雰囲気が良くない場合でも、このようにワイヤーをバックルに絡め南京錠でロックしておくと一定の盗難対策になります。

その他に安宿のドアや窓に鍵がない場合でもうまくワイヤーを結ぶことで施錠でき、細いワイヤーと南京錠は色々な場面で防犯の役に立ちます。
ロックがない窓の取っ手にワイヤーを8の字状に絡め南京錠で施錠
(撮影地 スーダン)