2016年6月29日水曜日

自転車旅行でお勧めのマットは

自転車旅行者がテント泊で寝る時に敷くマットは主にウレタンマット(銀マット含む)とエアマット(半自動膨張式含む)が使われており、それぞれにメリット、デメリットがあります。


・もしウレタンマットで十分な睡眠が取れれば空気抜けの心配がなく、軽く、安いのでウレタンマットがいいと思います。繰り返しになりますが、睡眠が取れることが前提条件になります。長く使うとへたってくるので、そのへたった状態でも眠る事ができる人か、へたった際に再購入を考慮に入れた選択になります。寝心地はエアマットと比べ劣るので、恐らく若い人向けではないでしょか。
ウレタンマット サーマレストのリッジレスト
一般にウレタンマットはエアマットと比べ寝心地は劣る
9ヶ月間の使用で大分へたる
(撮影地 クロアチア)
・エアマットは好みの空気圧に調整できるので、それなりの寝心地をつくることができます。屋外泊に慣れてない人や年配者にはこちらを勧めますが、空気漏れの心配が常にあります。リペアーキットを常備するのと、テント場の選定や下地を整地する必要があります。がさつな人にとっては面倒な作業になりますが、エアマットを使う上では必須になります。それと、エアマットは大抵熱に弱く、ストーブを使う際はストーブの下に熱を遮断するものが必要になります。熱くなった鍋類の直置きも厳禁です。
エアマット使用の為、テントを張る前に枯れ枝や硬い種子を10分程かけ足でどかし整地
テント組立後、尖ったものがないかグランドシートの上を手でなでて確認が必要
手間がかかり面倒な作業になりますがエアマットを守る上で必須です
(出発時には跡がないように元に戻します)
(撮影地 エストニア)
・上記の2つの組み合わせで厚めのグランドシートをテントの下に敷き、薄めの銀マットをエアマットの下に敷く方法があり、荷が増えるもののエアマットを守りやすい方法になります。テント場の選定や整地といった細かい事が苦手な人にとり、荷は増えるがこの組み合わせが最適になります。


それと、どれを選ぶにしても、連日使用すると汚れてきます。マットカバーを使用しこまめに洗濯するとマット本体を洗う回数が省けます。


上記の各特長を踏まえ、自転車旅行での沈没を防ぎ、継続し旅を楽しむ上でも、一番優先される条件として、十分に睡眠が取れることが重要な選定条件となります。テント泊をする割合が旅行先や人により違うので必ずしも断定はできませんが、価格や重量、かさばり等は十分な睡眠に比べれば小さい要件と考えていいと思います。


因みに店主の世界一周時は最初モンベルのエアマットを使用し、3ヶ月で使えなくなり、その後サーマレストのリッジレストをシルクロードで、プロライトプラス女性用をシルクロード後に使用、帰国後はサーマレストのトレイルプロ女性用を使用しています。次に長期の自転車旅行へ行くとするとプロライトプラス女性用を持って行くと思います。